My Goa Trance life experiences by Key

My Goa Trance life experiences by Key

1
154
0
Tuesday, 08 September 2020
LatestNews

My first contact with Goa and the Trance Party was in the 2013-2014 season.
Until then, I had travelled as a backpacker in India, Asia, and Africa for more than 10 years, but could reach the psychedelic trance party only later.

My iPhone broken in Mysore on my way to Goa. MacBook no longer boots in Goa. That fact was a factor to further enjoy Goa’s trance party.

Most of Goa’s Trance party information in recent years is on the Internet. (Facebook, Instagram…)
Old generation Goa’s Trance party style was different.. one would try to hear the rumbling some speakers in the darkness of midnight, and try to find the party venue.
It seems that (I wanted to experience that era, the most exciting style of adventure). And from November to March, I was invited(join) as a newcomer who nothing’s know about Goa Trance.to the party of Goa, where the boundary between dream and reality was extremely vague and the flow of spacetime disappeared.
I got Party information is flyers and ask other party friends. Sometime In one night, walked three parties and continued to dance until noon the next day.

I feel….
Infinite love and gratitude that I had for the first time in my 29 years of life filled Goa.

Beyond time and space. Human beings have been dancing in this universe since ancient times.
Pray for love and peace.

After first time Goa that, My savings money have run out
, but I continued the journey with selling my paints on the street.
Nepal, Morocco, Spain, Portugal, Italy, and Boom festivals.

And in the 2014-2015 season the following year,
I was able to return to the dance floor in Goa.

At that time, “Goa got boring as it seemed like the same party every time”
“Goa’s party is unsatisfactory due to strong commercial factors.”
I heard the opinion from other (old?) Goa Freaks.

For someone else, it might have been
“the same boring party every year”.
But for me,
There was certainly
“a party that had the freedom and joy I felt for the first time in my life and changed my life”.

And I gave birth to my baby and settled on Goa.

When I start lived in Goa for several years and attended many parties, I also encountered things that were not fun.
A love story where the actors change, but the script and lines remain the same.
Somehow they have some strange discomfort.

But same time Maybe someone feel “A moving Goa trance party full of freedom, joy and gratitude”
Is a story that certainly existed for someone somewhere. Like this.
Every year, every year.
Goa’s Trance Party had the vibration and energy to bring something revolutionary to someone’s life.

Goa’s trance party was like the wheel of life of Tibetan esoteric Buddhism. And connect with all of the worlds. Kind of Hypnosis of Goa by trance music that doesn’t stop every year. It’s sometimes wonderful white magic, sometimes terrifying black magic.

All of the world consists of Yin Yang. Every environment, every creature, every human has good and bad sides. The world has the potential to be heaven or hell, depending on your perspective.

I don’t know what will happen next season in Goa because of the current pandemic.

Corona diagnosis is negative,
Our Spirit is positive.
(writing by key)

 

 

私が初めてゴアとトランスパーティーに接触したのは2013年ー2014年のシーズンだ。
それまで10年以上インドやアジア、アフリカなどバックパッカーとして旅を繰り返していたがサイケデリックトランスパーティーには辿り着いていなかった。

私のiPhoneはゴアに向かう途中のマイソールで壊れた。
ゴアではMacBookも起動しなくなった。
その事実はゴアのトランスパーティーを更に楽しむ要素であった。

何故なら、近年のゴアのトランスパーティー情報の殆どのがインターネット上にある。
(フェイスブック、インスタグラム。。。)
昔のゴアのトランスパーティースタイルは、真夜中の闇の中、バイクのエンジン音を消して、低音が鳴り響く方向を確認し、耳を頼りにしてパーティー会場を探したそうです。
(私はその時代を体験したかった。それはもっとも大冒険の興奮するスタイル))

そして、私は11月から3月まで、右も左も分からない新参者としてパーティー、夢と現実の境界線が極めて曖昧、時空の流れが消えたゴアのトランスパーティー世界へ誘われた。

パーティー情報はフライヤーや口コミ。
ひと晩で3件パーティーを渡り歩き、翌日の昼まで踊り続けることもあった。

29年間の人生で初めて味わった無限の愛と感謝がゴアには溢れていた。
時空を超えて。私たち人類は太古昔からこの宇宙で踊り続けてきたのだ。
愛と平和を祈り。

 

その後、私の財産はそこをついたのだが、路上で絵を売りながら旅を続けた。
ネパール、モロッコ、スペイン、ポルトガル、そしてブームフェスティバル。

そして翌年2014~2015年のシーズンもゴアのダンスフロアーに舞い戻ることができた。

当時、
「ゴアは毎年同じパーティーでつまらなくなった」
「ゴアのパーティーは、コマーシャル、商業的な要素が強くなり満足出来ない」
という古参ゴアフリークからの意見を耳にした。

他の誰かにとっては、「毎年同じでつまらないゴアのパーティー」だったかもしれない。
しかし、私にとっては、
「私の人生で初めて感じた自由と喜びがあり、人生を変えるほどのパーティー」が確かに存在したのだ。

そして、私は子供を産み、ゴアに住み着いた。
数年間ゴアに住み、パーティーに通っていると、楽しくないことにも遭遇する。

<例えば、私が息子に授乳して、寝不足の日々でイライラしている時。
1人で子育てをして、不安ばかりが募り誰も信用できなかった時。>

多くの似たライフストーリー。
役者は変わるが、脚本とセリフは変わらないラブストーリー。
それらには何故か奇妙な不快感が少しある。

私が、その様に、ゴアで過ごしている時期にも
「自由と喜びと感謝で溢れた感動のゴアトランスパーティー」
は、どこかの誰かにとっては確かに存在していた物語。

毎年、毎年。
どこかの誰かの人生に革命的な何かをもたらすバイブレーションとエネルギーを持っていたゴアのトランスパーティー。

ゴアのトランスパーティーはまるでチベット密教のwheel of lifeそのものであった。
日々鳴り止まないトランスミュージックによるゴアの催眠術。
それは、時に素晴らしい白魔術、時に恐ろしい黒魔術。

世界の全ては、インヤンで成り立っている。
どんな環境にも、どんな生き物にも、どんな人間にも、ポジティブとネガティブ、良い側面と悪い側面が存在する。

自分自身の見方次第で、世界は天国にも地獄にもなれるポテンシャルがある。

そして、パンデミック、ロックダウン。
コロナの流行により、ゴアの次のシーズンがどうなるのか分からない。

私たちの
コロナはネガティブ、精神はポジティブ。

 

(writing by key)

 

TPTR Crew

Psytrance Podcasts Every Week

225 posts | 1 comments

http://139.59.10.99